唱法華題目抄 6ページ

(そうろう)へ、(こた)えて(いわ)(はじ)めに智者(ちしゃ)(もう)され(そうろう)(おん)物語(ものがたり)(そうろう)いつるこそ法華経(ほけきょう)をいゐうとむる悪知識(あくちしき)(ことば)にて(はべ)れ、末代(まつだい)法華経(ほけきょう)(うしな)うべき(もの)(こころ)には一代(いちだい)聖教(せいきょう)()りたりと(おも)いて(しか)(こころ)には権実(ごんじつ)()(きょう)(わきま)へず()には三衣一鉢(さんねいちばつ)(たい)(あるい)阿練若(あれんにゃ)()をかくし(あるい)世間(せけん)(ひと)にいみじき智者(ちしゃ)(おも)はれて(しか)法華経(ほけきょう)をよくよく()(よし)(ひと)()られなんとして世間(せけん)道俗(どうぞく)には三明六通(さんみょうろくつう)阿羅漢(あらかん)(ごと)(とうと)ばれて法華経(ほけきょう)(うしな)うべしと()えて(そうろう)
()うて(いわ)()証拠(しょうこ)如何(いかん)(こた)えて(いわ)法華経(ほけきょう)勧持品(かんじほん)(いわ)く「(しょ)無智(むち)(ひと)悪口(あっこう)罵詈(めり)(とう)(およ)刀杖(とうじょう)(くわ)うる(もの)()らん我等(われら)(みな)(まさ)(しの)ぶべし」(もん)(みょう)(らく)大師(だいし)()(もん)(こころ)(しゃく)して(いわ)く「(はじ)めの一行(いちぎょう)(つう)じて邪人(じゃにん)(あか)す、(すなわ)俗衆(ぞくしゅう)なり」(もん)(もん)(こころ)()一行(いちぎょう)在家(ざいけ)俗男俗女(ぞくなんぞくじょ)権教(ごんきょう)比丘(びく)(とう)にかたらはれて(あだ)をすべしとなり、(きょう)(いわ)く「悪世(あくせ)(なか)比丘(びく)邪智(じゃち)にして(こころ)諂曲(てんごく)(いま)()ざるを(これ)()たりと()我慢(がまん)(こころ)充満(じゅうまん)せん」(もん)(みょう)(らく)大師(だいし)()(もん)(こころ)(しゃく)して(いわ)く「(つぎ)一行(いちぎょう)道門増上慢(どうもんぞうじょうまん)(もの)(あか)す」(もん)(もん)(こころ)悪世(あくせ)末法(まっぽう)権教(ごんきょう)(しょ)比丘(びく)()(ほう)()たりと(まん)じて法華経(ほけきょう)(ぎょう)ずるものの(あだ)となるべしといふ(こと)なり、(きょう)(いわ)く「(あるい)阿練若(あれんにゃ)納衣(のうえ)にして空閑(くうげん)()つて(みずか)(しん)(みち)(ぎょう)ずと()いて人間(にんげん)軽賤(きょうせん)する(もの)()らん利養(りよう)貪著(とんじゃく)するが(ゆえ)白衣(びゃくえ)(ため)(ほう)()()恭敬(きょうけい)せらるる(こと)六通(ろくつう)羅漢(らかん)(ごと)くならん()(ひと)悪心(あくしん)(いだ)(つね)世俗(せぞく)(こと)(おも)()阿練若(あれんにゃ)()りて(この)んで我等(われら)(あやまち)()さん(しか)()くの(ごと)(ことば)(つく)さん()(もろもろ)比丘(びく)()利養(りよう)(むさぼ)るを()つての(ゆえ)外道(げどう)論義(ろんぎ)()(みずか)()(きょう)(てん)(つく)りて世間(せけん)(ひと)誑惑(おうわく)名聞(みょうもん)(もと)むるを()つての(ゆえ)分別(ぶんべつ)して()(きょう)()くと、(つね)大衆(たいしゅう)(なか)()りて我等(われら)(そし)らんと(ほっ)するが(ゆえ)国王(こくおう)大臣(だいじん)婆羅門(ばらもん)居士(こじ)(およ)()比丘(びく)(しゅう)(むか)つて誹謗(ひぼう)して(われ)(あく)()いて()邪見(じゃけん)(ひと)外道(げどう)論議(ろんぎ)()くと()わん」已上(いじょう)(みょう)(らく)大師(だいし)()(もん)(しゃく)して(いわ)く「(さん)七行(ななぎょう)僣聖増上慢(せんしょうぞうじょうまん)(もの)(あか)す」(もん)(きょう)(ならび)(しゃく)(こころ)悪世(あくせ)(なか)(おお)くの比丘(びく)()つて()には三衣一鉢(さんねいちばつ)(たい)阿練若(あれんにゃ)()して行儀(ぎょうぎ)(だい)迦葉(かしょう)(とう)三明六通(さんみょうろくつう)羅漢(らかん)のごとく在家(ざいけ)諸人(しょにん)にあふがれて一言(いちげん)()けば如来(にょらい)金言(きんげん)のごとくをもはれて法華経(ほけきょう)(ぎょう)ずる(ひと)をいゐやぶらんがために国王(こくおう)大臣(だいじん)(とう)(むか)(たてま)つて()(ひと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です