立正安国論 27ページ

(しゅ)(じん)(いわ)く、()()頑愚(がんぐ)にして(あえ)(けん)(ぞん)せず(ただ)(きょう)(もん)()いて(いささ)所存(しょぞん)()べん、(そもそ)治術(ちじゅつ)(むね)内外(ないげ)(あいだ)()(もん)幾多(いくばく)ぞや(つぶさ)()()きこと(かた)し、(ただ)(ぶつ)(どう)(はい)つて(しばし)愚案(ぐあん)(めぐら)すに謗法(ほうぼう)(ひと)(いまし)めて正道(しょうどう)(りょ)(おも)んぜば国中(くにじゅう)安穏(あんのん)にして天下(てんか)泰平(たいへい)ならん。
(すなわ)涅槃(ねはん)(きょう)(いわ)く「(ほとけ)(のたまわ)(ただ)一人(いちにん)(のぞ)いて()一切(いっさい)(ほどこ)さば(みな)讃歎(さんたん)()し、純陀(じゅんだ)()うて(いわ)云何(いか)なるをか(なづ)けて唯除(ゆいじょ)(いち)(にん)()す、(ほとけ)(のたまわ)()(きょう)(なか)()(ところ)(ごと)きは破戒(はかい)なり、純陀(じゅんだ)()(いわ)く、(われ)(いま)(いま)()せず(ただ)(ねがわ)くば(これ)()きたまえ、(ほとけ)純陀(じゅんだ)(かた)つて(のたまわ)く、破戒(はかい)とは(いわ)(いっ)闡提(せんだい)なり()()在所(あらゆる)一切(いっさい)布施(ふせ)すれば(みな)讃歎(さんたん)すべく大果報(だいかほう)()ん、純陀(じゅんだ)()()いたてまつる、(いっ)闡提(せんだい)とは()()(いか)ん、(ほとけ)(のたま)わく、純陀(じゅんだ)()比丘(びく)(およ)比丘(びく)()優婆塞(うばそく)優婆夷(うばい)()つて〓悪(そあく)(ことば)(はっ)正法(しょうほう)誹謗(ひぼう)()重業(じゅうごう)(つく)つて(なが)改悔(かいげ)せず(こころ)懺悔(ざんげ)(なか)らん、

()くの(ごと)(とう)(ひと)(なづ)けて(いっ)闡提(せんだい)(みち)趣向(しゅこう)すと()す、()四重(しじゅう)(おか)五逆(ごぎゃく)(ざい)(つく)(みずか)(さだ)めて()くの(ごと)重事(じゅうじ)(おか)すと()れども(しか)(こころ)(はじ)めより怖畏(ふい)懺悔(ざんげ)()(あえ)発露(はつろ)せず()(しょう)(ほう)(おい)(なが)護惜(ごしゃく)建立(こんりゅう)(こころ)()毀呰(きし)軽賤(きょうせん)して(ことば)過咎(かぐ)(おお)からん、()くの(ごと)(とう)(ひと)(また)(いっ)闡提(せんだい)(みち)趣向(しゅこう)すと(なづ)く、(ただ)()くの(ごと)(いっ)闡提(せんだい)(やから)(のぞ)いて()()(ほどこ)さば一切(いっさい)讃歎(さんたん)せん」と。
(また)(いわ)く「()往昔(むかし)(おも)うに閻浮提(えんぶだい)(おい)大国(たいこく)(おう)()れり()(せん)()()いき、大乗(だいじょう)(きょう)(てん)愛念(あいねん)敬重(けいじゅう)()(こころ)純善(じゅんぜん)〓悪(そあく)嫉〓(しつりん)()ること()し、善男子(ぜんなんし)()()(とき)(おい)(こころ)大乗(だいじょう)(じゅう)んず婆羅門(ばらもん)方等(ほうどう)誹謗(ひぼう)するを()()(おわ)つて即時(そくじ)()命根(みょうこん)(だん)ず、善男子(ぜんなんし)()因縁(いんねん)(もっ)(これ)より已来(いらい)地獄(じごく)()せず」と、(また)(いわ)く「(にょ)(らい)(むかし)国王(こくおう)()りて菩薩(ぼさつ)(どう)(ぎょう)ぜし(とき)爾所(そこばく)婆羅門(ばらもん)(いのち)(だん)(ぜつ)す」と、(また)(いわ)く「(さつ)(さん)()(いわ)下中上(げちゅうじょう)なり、()とは蟻子(ぎし)乃至(ないし)一切(いっさい)(ちく)(しょう)なり()菩薩(ぼさつ)示現(じげん)(しょう)(もの)(のぞ)く、下殺(げさつ)因縁(いんねん)(もっ)地獄(じごく)(ちく)(しょう)餓鬼(がき)()して(つぶさ)()()()く、(なに)(もっ)ての(ゆえ)()(もろもろ)(ちく)(しょう)()善根(ぜんこん)()()(ゆえ)(ころ)(もの)(つぶさ)罪報(ざいほう)()く、中殺(ちゅうさつ)とは凡夫(ぼんぷ)(ひと)より阿那含(あなごん)(いた)るまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です