立正安国論 立正安国論奥書 安国論御勘由来 33ぺージ

(おも)毀法(きぼう)(つみ)(まこと)(ふか)し、(われ)(いち)(ぶつ)(しん)じて諸仏(しょぶつ)(なげう)(さん)()(きょう)(あお)いで(しょ)(きょう)(さしお)きしは、()私曲(しきょく)(おも)(あら)(すなわ)先達(せんだつ)(ことば)(したが)いしなり、十方(じっぽう)(しょ)(にん)(また)(また)()くの(ごと)くなるべし、(いま)()には性心(しょうしん)(ろう)(らい)(しょう)には阿鼻(あび)()せんこと(もん)(あきら)かに()(つまびら)かなり(うたが)()からず、(いよい)貴公(きこう)慈誨(じかい)(あお)(ますます)愚客(ぐきゃく)癡心(ちしん)(ひら)けり、(すみやか)対治(たいじ)(めぐら)して(はや)泰平(たいへい)(いた)()(しょう)(ぜん)(やす)じて(さら)没後(ぼつご)(たす)けん、(ただ)()(しん)ずるのみに(あら)(また)()(あやま)りをも(いまし)めんのみ。

立正安国(りっしょうあんこく)(ろん)奥書(おくがき)
(ぶん)(おう)元年(がんねん)太歳(たいさい)庚申(かのえさる)(これ)(かんが)正嘉(しょうか)より(これ)(はじ)(ぶん)(おう)元年(がんねん)(かんが)(おわ)る。
()ぬる正嘉(しょうか)元年(がんねん)太歳(たいさい)丁巳(ていし)八月(はちがつ)二十(にじゅう)(さん)(にち)戌亥(いぬい)(こく)大地震(だいじしん)()(これ)(かんが)う、()(のち)(ぶん)(おう)元年(がんねん)太歳(たいさい)庚申(かのえさる)七月(しちがつ)十六(じゅうろく)(にち)(もっ)宿屋(やどや)禅門(ぜんもん)()して(ゆえ)最明寺(さいみょうじ)入道(にゅうどう)殿(どの)(たてまつ)れり、()(のち)(ぶん)(えい)元年(がんねん)太歳(たいさい)甲子(こうし)七月(しちがつ)五日(いつか)大明星(だいみょうじょう)(とき)(いよいよ)()(わざわい)根源(こんげん)()る、(ぶん)(おう)元年(がんねん)太歳(たいさい)庚申(かのえさる)より(ぶん)(えい)()(ねん)太歳(たいさい)戊辰(ぼしん)()正月(しょうがつ)十八(じゅうはち)(にち)(いた)るまで(きゅう)()(ねん)()西方(さいほう)大蒙(だいもう)古国(ここく)()()(ちょう)(おそ)()きの(よし)牒状(ちょうじょう)(これ)(わた)す、(また)(どう)六年(ろくねん)(かさ)ねて牒状(ちょうじょう)(これ)(わた)す、(すで)勘文(かんもん)(これ)(かな)う、(これ)(じゅん)じて(これ)(おも)うに未来(みらい)(また)(しか)()きか、()(しょ)(しるし)()(もん)なり()(ひとえ)日蓮(にちれん)(ちから)(あら)法華経(ほけきょう)真文(しんもん)感応(かんのう)(いた)(ところ)か。
(ぶん)(えい)六年(ろくねん)太歳(たいさい)己巳(きし)十二月(じゅうにがつ)八日(ようか)(これ)(うつ)す。

安国(あんこく)(ろん)御勘(ごかん)由来(ゆらい)
正嘉(しょうか)元年(がんねん)太歳(たいさい)丁巳(ていし)八月(はちがつ)廿(にじゅう)(さん)(にち)戌亥(いぬい)(とき)前代(ぜんだい)()(おお)地振(じしん)す、(どう)二年(にねん)(つちのえ)(うま)八月(はちがつ)一日(ついたち)大風(だいふう)(どう)(さん)(ねん)己未(きび)大飢饉(だいききん)正元(しょうげん)元年(がんねん)己未(きび)(だい)疫病(えきびょう)(どう)二年(にねん)庚申(かのえさる)四季(しき)(わた)つて(だい)(えき)()まず万民(ばんみん)(すで)大半(たいはん)()えて()(まね)(おわ)んぬ、(しか)(あいだ)国主(こくしゅ)(これ)(おどろ)内外(ないげ)(てん)(おお)()けて種種(しゅじゅ)()祈祷(きとう)()り、(しか)りと(いえど)一分(いちぶん)(しるし)()(かえ)つて飢疫(きえき)(とう)増長(ぞうちょう)す。
日蓮(にちれん)世間(せけん)(てい)()(ほぼ)一切(いっさい)(きょう)(かんが)うるに()祈請(きしょう)(しるし)()(かえ)つて(きょう)(あく)増長(ぞうちょう)するの(よし)道理(どうり)(もん)(しょう)(これ)()(おわ)んぬ、(つい)()むこと()勘文(かんもん)一通(いっつう)(つく)()して()()立正安国(りっしょうあんこく)(ろん)(ごう)す、(ぶん)(おう)元年(がんねん)庚申(かのえさる)七月(しちがつ)十六(じゅうろく)(にち)(たつ)(どき)屋戸野(やどや)入道(にゅうどう)()けて